FC2ブログ

マザーボードの電池交換

2009年06月12日 22:10

言われてみれば納得です。

かれこれ、もう10年以上前に買い、今はほぼ家族のスカイプ専用機となっているPCが最近になって起動しなくなりました。
HDDがクラッシュしてたら買い替えだな……と思ってたら、電源は入る。
起動した画面を見ると、CMOSがウンヌン……というコメントが出ている。

故障か?と思いつつ、調べてみたら、マザーボードの電池切れの可能性が判明。

大昔に買ったそのPCはタワー型。(改造して使おうかと思ったけど結局しないまま……。)

これなら楽な作業です。
ビスを外してケースを開け、マザーボードについているボタン電池を交換して終わり。

ケースをあけたついでにほこりだらけの内部も掃除。
電池代280円、時間は掃除を含めて1時間。

再起動させてBIOSの設定を開いて内蔵時計を直して終わり。

これで当分、あのポンコツも使えそうです……。(というか、初期OSがwin98(!)のPCをいつまで使う気だ?)

で、交換してるときに気づいたのは、「(内蔵)時計がおかしな時間を出してた」って話があったなぁってこと。
こうなると、電池交換が必要になるようです。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ダンヒル | URL | -

    パソコンを改造していてこの電池何に使うんだろう??
    なんて思っていました!

    電池切れしたら?って感じでしたが、やっぱり交換が必要なんですね。
    会社で10年前のパソコン使ってましたが、普通に使えてました(笑)

  2. CW | URL | -

    ダンヒルさん、おはようございます。
    コメント、ありがとうございます。

    電源を抜き差ししているのに、内蔵時計が何で動いているのか?
    PCの設定がなぜそのまま変わらないのか?
    ってことを考えたら電池を使っているということが想像できますが、普通はそこまで頭が回るってコトはないですよね。
    ですが、電池交換でPCが使えるのなら使いますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
(ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/985-e6caab03
この記事へのトラックバック