fc2ブログ

選挙立候補の世襲制限……ふざけたパフォーマンスならいらない

2009年05月21日 21:40

「国会議員の世襲立候補を制限する」というのを各党が考えてるようだが、そんなザル制度を議論する暇があるなら、さっさと解散してほしいものだが……。

だって、こうなるシナリオは普通なら読める。
次期衆院選から適用は選挙目的=自民の世襲制限-民主・鳩山氏(時事ドットコム)

政党で立候補することは禁止するが、無所属で出るのは自由という肝心なことを忘れている。

で、当選してしばらくしたら◎◎党入り、という流れも。
無所属だとか、市民派という表面だけをつくろって選挙をし、当選後に◎◎党に入るくらいなら、最初から入って立候補しろ!ってこと。

こっちのほうがよほど選挙民を馬鹿にしてる。

コイズミのところの坊主に公認をするかどうかが判断基準だろうが、おそらく「選挙対策としてのパフォーマンス」で公認をしないだろう。

ただし、そうならば「刺客を立てろ」といいたいものだ。

でも、「刺客、返り討ち!」の見出しが躍るから出さないとは思うけど。

そんなパフォーマンスを議論するヒマがあるなら、
「総理(閣僚)の中途辞任」→「議員も辞職&次回立候補禁止」の流れを作ってほしいもの。

職務放棄(不祥事)のほうがタチは悪い。
個人的には二世議員ウンヌンを論ずるよりも、これを打ち出せるヤツを支持したい。

----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)