宝塚記念週中考察vol.2 消えた「お姫様」

2008年06月24日 23:59

宝塚記念の考察2回目ですが、カワカミプリンセスが筋肉痛で出走を回避したので、この点を。

この馬がいなくなったことで、牝馬不在の顔ぶれとなった。

さて、牝馬がいない宝塚記念は過去にあっのか?となると、02年、03年、06年と夏季番組に移行してからは3回ある。

いずれも勝ち馬は「前走で58Kを背負ってG1連対」。
今年で見ると昨日、厳しいと書いたメイショウサムソン(天皇賞春2着)のみ。

安田記念のときもそうだったが、大矛盾の内容となる。
どちらを取り、どちらを捨てるか…、じっくり考えます。

----------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/7-1a7280ac
    この記事へのトラックバック

    ヒシミラクルおじさんは何処へ・・・

    「ヒシミラクルおじさん」が話題をさらってから、はや5年が経ちます。 なんと、その「ヒシミラクルおじさん」は、ヒシミラクルの単勝を1,200万円分購入、払い戻しは1着賞金より多い、1億9、000万超というものでした。 賭けた金額も我々庶民には理解できな

  1. 2008 - 06/25 [ Wed ] - 19:06
  2.  oyajiの戯言!!