FC2ブログ

地デジTV購入に2万円?なりふり構わぬバラマキ政策

2009年02月19日 23:19

景気対策の最善の手は何か?ときかれると、自民党からは「バラマキ」という返事が返ってきます。

そう思わせた昨日のニュースを。
追加景気対策、地デジTV購入に2万円支援 自民が検討(NIKKEI.NETより)
「自民党による追加景気対策の一環として、地デジが受信できるテレビやチューナーを購入した全世帯に一律2万円程度の支援金を配布する方向で検討に入った」とのことですが、何を考えているんでしょうか?

普及を広めたいのはわかります。
でも、「アナログ放送終了」とバンバンCM流して、買い替えをせかしている中でこの政策。

たとえば昨年末などに買ってしまった人はどうなるの?

こんな政策出るのなら、急いで買いかえる必要なんてない。
ただの「大矛盾政策」と電機メーカーへの「裏公的資金投入」ですね

こんな馬鹿政策が出た時点で、今の買い替えは「待ち」が賢いのかも。

しかし、これまでに買い換えた時点で負け組なんでしょうか?

そんなことを思ってしまいます。

で、これはニュースが出た時点で諸刃の剣。

給付すれば、買替済の皆さんからクレームが出るのは必至。
しなければ、待っている人からクレームが出るのは必至。

妥協案として、「各世帯に2万配る」しかなさそうな気がします。

こういう行き当たりばったりの政策を批判しないマスコミ。
テレビは自分の所に帰ってくるから当然のことか。

----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/675-69bddf47
    この記事へのトラックバック