FC2ブログ

フェブラリーS週中考察vol.1 JCダートとの蜜月関係

2009年02月17日 23:40

ダイワスカーレットの故障引退でレースも、馬券も面白みが半減どころか激減(?)したフェブラリーS。

G1ということで、いつも通り週中考察を3回(予定)にわたって書きますが、まずは、JCダートとの蜜月関係について触れてみたい。
JCダートで復活を遂げたカネヒキリ。
その後は東京大賞典、川崎記念と交流戦を連勝してここに挑む。

これまでは昨年のヴァーミリアン、06年のカネヒキリと「前年のJCダート勝ち馬出走=即連対」の方程式が成り立っているように見える。

しかし、それは2回だけ。
03年のイーグルカフェ、05年のタイムパラドックスはともに「2着同枠馬まで」と沈んでいる。

というのは、03年はフェブラリーSが中山施行、タイムパラドックスの制したJCダートはJCと同日施行だった。

昨年から府中を捨て、仁川に引っ越したJCダート。
引越し先でも蜜月関係を保つのか解消するのかは注目したい。

「東京7日目、ダート2100の時代だったからこそ成立していた」となると、今年は「消し」になるのだが……。

----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/670-8cb19fe5
    この記事へのトラックバック