FC2ブログ

ジャパンC週中考察vol.4 外国馬の可否

2008年11月28日 00:17

JCの4回目は外国馬について。

これまでも数多くの外国馬がやってきたが、JCの1着賞金が25000万になった00年以降での連対は02年1着のファルブラヴ、2着のサラファン、05年のアルカセットとわずか3頭。

ちなみに02年は「中山2200施行」のため、東京2400となると、05年のアルカセットしかいない。

そのアルカセットといえば、欧州で年内に同距離G1、G2勝ちを持っていた。
今年の出走馬にそういった馬はおらず、狙いづらい面はあるが、狙うのなら欧州G1連対歴のあるペイパルブル(英国)になるだろう。

この馬と同枠に入ったマツリダゴッホにある「GⅡ2勝歴」がどう出るか気になるところだ。

----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/475-5badc25e
    この記事へのトラックバック