【ドラゴンズ2014】3人の引退と10名の戦力外通告

2014年10月01日 22:35

今シーズンのホーム最終戦を勝って、大野は2ケタ勝利を何とか達成。
そして、今季で引退する三瀬、小林、鈴木義の3人も無事に引退試合の登板を果たすことができました。

小林は先日のウエスタンで阪神の横田に簡単に打ち返されたのを見て、これはちょっと、と思わせた中での引退発表。
潮時かもしれませんし、こうして引退試合を行ってもらえるのも、プロではほんの一握り。

それだけの実績があった、ということです。
今後は3人とも球団に残るようですが、裏方としてこれからも頑張っていただきたいです。
まずは、お疲れさまでした。

一方で、辻、井上、矢地、小田、田中、中田、森越、井藤、堂上剛、宋(育成)10人の選手に戦力外通告。
シーズン終了を待たず、解禁日早々に通知されたのは、他球団の戦力構想も未定な現時点で移籍などをする場合に差しさわりないように、という配慮ともいえるでしょう。

厳しいプロの世界ですし、結果社会だから仕方ないと言われればそれまででも、寂しさを感じます。

辻、井上といった入団3年以内の選手にまで通告されたのは驚きましたが、大学、社会人出身ですし、「早々に結果を出せ」という意思表示といえます。
移籍して現役を続ける選手、そうでない選手、それぞれでしょうが、これで終わってしまうわけではありません。
これからも次の道で頑張ってほしいですし、応援はします。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3694-20b53e9d
    この記事へのトラックバック