--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドラゴンズ2014】x読売21回戦 自滅で貰った敵地最終戦

2014年08月25日 00:36

早くも今季の東京ドーム最終戦。
現地で見たこともありますが、やはり最後は勝って終わりたいもの。

雄太が一気に崩れた6回裏を田島が締め、7回表のプロでは考えられない4連続四球(うち3つは押し出し)で勝負あり。
チームの連敗は5でようやく止まりました。

今日の試合 @東京ドーム 45,753人
ドラゴンズ 7-3 ジャイアンツ
D ○雄太(5勝6敗)、田島、又吉、福谷-谷繁、小田
G ●セドン(4勝4敗)、江柄子、西村、久保、青木-実松、小林
HR G 小林2号
初回にあっさりと先制したのは昨日と同じ。
ただ、その裏のピンチをしのぎ、2回表にセドンの暴投もあったが、3連打と犠飛で追加点を取れたのが昨日との違い。

雄太は2回から立ち直るも、6回裏に先頭橋本への四球から連打を食らい1点差。
毎度100球前後で崩れるイメージだが、今回も然り。
ただ、リリーフに出た田島が締めたのが大きかった。

ピンチの後にチャンスあり、とはよく言ったもので、直後の7回表に高橋周の2塁打、大島の投前バント。
久保が処理を慌てて(記録は安打)1.3塁としてから、なんとなんと4連続四球で労せず3点を勝ち越し。

又吉が被弾したものの、9回に平田の2ベースでダメ押し点。
最後はセーブがつかない場面でも福谷で締めて連敗ストップ。

とりあえず、勝つことがチームには最大の薬であり、ファンにとっても良薬。
やはり、勝ってナンボです。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3681-1246f5c8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。