東京優駿週中考察vol.2 レッドリヴェール

2014年05月29日 23:14

東京優駿の週中考察2回目は牝馬レッドリヴェールを。

ウオッカ以来の出走で、同じ阪神JF勝ちに桜花賞2着。
狙いたくもなるが、気になる材料もある。
ウオッカが2歳戦を走った06年。
この年の賞金体型を見ると、1位に朝日杯FSと阪神JFが同額で6000万。
レッドリヴェールが2歳戦を走った昨年。
賞金体型は1位が朝日杯FSで7000万、阪神JFは差を付けられて6500万。

つまり、ウオッカは2歳時に賞金1位レースを勝っているが、レッドリヴェールは2位レースしか勝っていない。
東京優駿と優駿牝馬の賞金額は違うが、牝馬がここを制するには資格賞金1位レースを勝ち上がる、くらいのことがなければいけないのではないだろうか。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3643-18afef70
    この記事へのトラックバック

    第81回 日本ダービー2014で稼ぐぞ!枠順確定&単勝予想オッズ編

    第81回日本ダービー2014の枠順が確定しました。 2011年、東日本大震災の年に産まれたサラブレッド達 総数にして7064頭の頂点を決める一戦です。 アタマ堅めも紐荒れ ...

  1. 2014 - 05/30 [ Fri ] - 11:31
  2.  わがまま♪新馬券生活!!〜競馬予想〜