【ドラゴンズ2014】x読売7回戦 スミ5で5連敗

2014年05月03日 21:02

1回表にいきなり6点取ったら、早々に勝ち試合を意識するはず。
しかし、その裏、逆転されたらどうなるか。

普通は誰もそんなことを考えないが、そんなことが起きたらどうなっていたのだろうか……。

今日の試合 @ナゴヤドーム 37,997人
ドラゴンズ 5-9 ジャイアンツ
G ○大竹、久保、香月-阿部、小林
D ●岡田、濱田、武藤、小熊-谷繁、松井雅
HR G 長野4号、村田4号
先発の岡田は1回表2死無走者から8人連続出塁で6失点と早々にブチ壊す。
ヒット1本で完全にビビッてしまった。

本来ならここで終わってしまうところ。
しかし、その裏に先頭大島の2塁打をきっかけに5点を返し、2死2塁で打順はその岡田のところに。

1点差まで来た。岡田にチャンスを与えるか代打を出して勝負にでるか。
最初にも書いたが、追いつくだけでも効果は絶大。
仮に逆転するとなれば相手の心は完全に折れたはず。

チームの選択は前者で失敗。
大野を先日1イニングで降ろし強制送還させたのなら、今回も同じでよかったはず。

野本、小笠原……代打陣で勝負に出る手ではなかったか。

そのまま打席に立った岡田は見逃し三振。
あげくの果てに、その後すぐ長野に初球をスタンドに運ばれてしまい、ジ・エンド。

大竹を一気に立ち直らせてしまい、結局スミ5で5連敗。

今日は初回の投手の打席で明暗を分けたが、ベンチが勝負の見極めを誤ったといってもいいだろう。
仮にあのとき、代打を出していたらどうなっていたか。
打てなくても勝負をかけたというのは一目瞭然。

岡田に立ちなおすチャンスを与えたかったのかもしれないが、それすらもできず、収穫は3回1失点の濱田と昇格したばかりの小熊を投げさせることができただけだった。
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3630-100a24ac
    この記事へのトラックバック