--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAP細胞、報道で歪む本質

2014年04月09日 23:42

STAP細胞をめぐる一連の報道。

別にリケ女とか割烹着とか、そんなのはどうでもよかった。
研究成果よりもファッションとかを先行させるような報道に嫌気がさした。

それもあり、当ブログでは一切触れてこなかったが、その後の捏造報道から今日の釈明会見。
字面だけ見てきたが、マスコミがツッコミが甘く、相変わらず無能な集まりということを改めて示す結果となった。

彼女が研究者として生きていけるのか否か、STAP細胞があるのかないのか、悪意を持って行ったのか否か。
それらには全く興味がないので割愛する。

再現できるというのなら、さっさとやればいい。
できなければ嘘ってこと。


それ以前に問いたい本質は、成果を発表する時だけ前に出て、捏造が第三者から疑われるようになってからは手のひらを返すように本人批判に終始する理研の姿勢。
補助金を与える以前にさっさと叩き潰した方がいい組織では?ということ。

彼女が卒業した大学の博士課程でも同じような怪しい論文があったとも報道で出ていた。
大学時代もそこを精査せず、そのまま通していたと言われているが、それならば、このやり方でOKと本人が思うのも無理はない。

さらに、その細胞があるというのなら再現性を確認するのが基本で、「常識的に」できていれば今回のコトは起きなかった。

しかし、そのコトが起きたほうが組織として問題ではないだろうか。
理研という組織がどんなえらいさんをトップにしていようが、救いようのない終わった組織になっているのでは?と疑いたくなる。

なお、学者さんの世界では再現性の確認有無は必要ないのかもしれないが、コテコテな文系の自分にはそれはわからない。
(もしかして必要ないのならば、この部分だけは撤回します。)

理研や大学は肝心なところをスルーしてきた責任を取ることも必要。

ゲスな考え方だが、国からの補助金欲しさなどが目的で売名行為を行い、もしばれて批判されたら手のひらを返せばいいという下心があったのでは?とも疑ってしまう。

最後に、最大の疑問だが、最初のころは名前が出てきたが、途中から全く出てこなくなった共同研究者の笹ナントカってのは、どこいったんだ?????
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3615-6326a637
    この記事へのトラックバック

    STAP細胞論文不正問題リーダー素質、ITリテラシー、パソコンスキルのない小保方氏を起用した人たちの責任が重く人材起用の重要性を痛感した問題だ

    9日STAP細胞の論文不正問題について論文の主著者である理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが記者会見を開いた。会見では終始自らの無知を謝罪するに終始し、ST ...

  1. 2014 - 04/11 [ Fri ] - 00:44
  2.  オールマイティにコメンテート
  3. 小保方晴子の逆襲?

    STAP細胞問題で、長い間雲隠れしていた小保方晴子ユニットリーダーが記者会見。 公の場に顔を出しましたが、今後も理研との間でバトルが繰り広げられる事になりそうです。

  4. 2014 - 04/10 [ Thu ] - 23:35
  5.  FREE TIME
  6. 小保方晴子氏 記者会見 STAP細胞は有る!!!!

    小保方氏会見 「STAP細胞はあります!」記者の質問に力強く即答(産経新聞) - goo ニュース 昨日9日午後STAP細胞疑惑の渦中の人である理研の小保方晴子さんが弁護士二人と記者会見を行いました。 1月末にマスコミの報道に登場した時に比べていくらか頬がこけて...

  7. 2014 - 04/10 [ Thu ] - 08:18
  8.  王様の耳はロバの耳
  9. 理研の小保方晴子研究ユニットリーダー記者会見で「STAP細胞はある」と明言

    さて、結果はどうなりますか?

  10. 2014 - 04/10 [ Thu ] - 05:26
  11.  つらつら日暮らし



  12. 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。