フェブラリーSなどの結果と回顧

2014年02月24日 23:05

予想だけするも馬券を買わなかった小倉大賞典が当たっていた時点で嫌な予感がした。

フェブラリーSはダイタクヤマト以来?となる単勝最低人気のG1勝ちに終わり、あっさりとあきらめのつく結末。

ダイヤモンドS、共同通信杯とあわせて結果を。

第31回フェブラリーS(GⅠ)
1着 -- 13 コパノリッキー(16人気)
2着 △ 15 ホッコータルマエ(2人気)
3着 ◎ 11 ベルシャザール(1人気)
-----
5着 ▲ 12 ブライトライン(7人気)
6着 ○ 04 ワンダーアキュート(5人気)


コパノリッキーが番手から押しきって、抽選出走からのG1勝ち。
外枠の馬が全体的に伸びたが2着は△ホッコータルマエ。
◎ベルシャザールは3着まで。

さすがにこれは買えません……
第64回ダイヤモンドS(GⅢ)
1着 ▲ 01 フェイムゲーム(1人気)
2着 -- 04 セイクリットバレー(5人気)
3着 × 10 タニノエポレット(3人気)
-----
6着 ○ 03 ファイヤー(6人気)
8着 ◎ 06 アドマイヤバラード(2人気)


出遅れた▲フェイムゲームだったが、3400あれば余裕で巻き返せると言わんばかりのひとまくり。
中団にいたセイクリットバレーが2着。

前がつぶれてしまったこともあり、終わってみれば後方の馬の競馬だった。

第48回共同通信杯(GⅢ)
1着 ◎ 07 イスラボニータ(1人気)
2着 ▲ 02 ベルキャニオン(3人気)
3着 ○ 05 サトノアラジン(2人気)

(単勝220円、馬連680円)
(参考:馬単1050円、3連複740円、3連単3190円)

◎イスラボニータが快勝。
この相手では力の違いを見せた感。

こちらは安くてもきっちり取れたので十分です。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. あっきい | URL | 3/2tU3w2

    年度別変更点について

    はじめまして。
    毎週いい視点での考察参考にさせていただいております。
    気づいたことがありましたのでお知らせいたします。
    今年は、GⅠのステップレースに指定されたレース、フェブラリーSの場合、東海Sと根岸Sについては、賞金が200万円増額されています。
    このように、今年のGⅠのステップレースに指定されたレースは賞金が増額されています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
(ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3590-3bafd21f
この記事へのトラックバック