--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低投票率となった都知事選。

2014年02月09日 23:09

東京都知事選は舛添氏の圧勝に終わりました。

メディアは脱原発を争点に、とか言っているお花畑もありましたが、真の目的をずらしてしまった感が強い。
エネルギー論は基本的に国政であり、都政で語るものではない。
それよりも、五輪を控える今後の東京をどう運営していくか。
テロなどがないとはいえない、防災面もどうするのか?

そういったところは全く見えてこなかった。

マスコミは「舛添x細川」で煽り続けましたが、徳洲会からの5000万問題で辞任した前知事の後で、「2.5億の政党助成金を私的流用x佐川からの1億円問題未説明」ですから、何かの悪い冗談かと。

両方とも5000万の裏献金よりもタチが悪い。
これなら、前知事のほうがまだマシに映ります。

この件をマスコミが突くのは当然の話。
逆に突かなければ、差別報道とされても何ら反論できないでしょう。

前日の大雪はあれど、呆れるほど低い投票率が何を言わんとしているか。

「誰がやっても何ら変わらん」と思われているわけ。
そして、こうなったことについては、人気投票のような報道を見せたメディアにも非はある。

推薦があったとはいえ、自民党から一度は袂を分かつ格好となった状態で、都議会とどう折り合っていくのか。

課題は意外に多いことでしょう。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3578-9a2b4835
    この記事へのトラックバック

    東京都知事選舛添要一氏長い政治経験と厚生労働大臣経験で高齢者から多数の支持を得て都政は東京五輪と高齢化対応都市を目指す事になった

    9日東京都知事選が投開票され、無所属の舛添要一元厚生労働相が他の候補を圧倒して当然を果たした。選挙戦は舛添要一氏以外に前日弁連会長の宇都宮健児氏、細川護熙元首相、田母 ...

  1. 2014 - 02/11 [ Tue ] - 21:55
  2.  オールマイティにコメンテート
  3. 東京都知事iに舛添要一氏、福祉・防災・経済・五輪に力点

    猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選が9日投開票され、無所

  4. 2014 - 02/11 [ Tue ] - 08:48
  5.  ネット社会、その光と影を追うー
  6. 東京都の新知事に舛添要一氏が当選

    速攻、当確出たみたいです。

  7. 2014 - 02/10 [ Mon ] - 05:09
  8.  つらつら日暮らし
  9. 都知事選 舛添氏が当選

    猪瀬知事の辞職に伴い行われた東京都知事選。 元厚生労働相の舛添要一氏が当選を果たしました。

  10. 2014 - 02/10 [ Mon ] - 00:07
  11.  FREE TIME



  12. 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。