--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無知無能な山本太郎

2013年11月01日 21:32

昨日の園遊会で山本太郎参院議員が天皇陛下に手紙を手渡したようです。

福島の復興に携わる人がおり、天皇・皇后両陛下がお見舞いなどで何度も足を運ばれているが、この人は何をしてたのか?

即座に海外に逃げ、東北は終わったと批判を続け、挙句の果てに東北産の食材は一切口にしないらしい。
検査を受け、基準内だから流通させているわけであり、頭から批判する時点で論外。

それこそが、被災地に対する差別行為であることを気づいていないのだろうか?

おまけに、この行為を「ルールにないからいい」などと言っているようだが、無ければ何をしてもいいのか?
それなら、コンビニのアイスクリームケースに入ることも「ルールにないからいい」はずだ。

逆に言えば、そこまでルール化しないとわからないのだろうか?

そして、天皇は政治的に中立で、関与はしないという立場を何も勉強していない。
手紙を渡したのは一種の請願であろうが、それは政治利用と言われても反論はできない。

天皇にお願いするのではなく、内閣に持っていくもの。
そして自身の政策を具現化したいのなら、するのが国会議員の仕事。

それをわきまえていない以上、不勉強の極み。
いや、国会議員としての職務放棄といってもいいだろう。
無知であることを知るのは必要だが、国会議員としては不適格。
潔く無知を認め、身を引くべきだろう。

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3509-0c6e13f5
    この記事へのトラックバック

    山本太郎氏の「天皇直訴」に思うこと・・・

    10月31日に行われた園遊会で山本太郎参院議員が天皇陛下に手紙を渡した『直訴事件』 「原発事故の収束にあたる労働者が劣悪な環境で作業している現状を知ってほしかった」のだそうな。 −◆− 山本太郎氏曰く「常識的には失礼に当たるかもしれないと思ったが、禁じられているとは聞いていなかった」 バイト先の冷蔵庫に入り込んだ写真をSNSにアップするバカ・バイトも、「禁じられているとは聞い...

  1. 2013 - 11/02 [ Sat ] - 11:46
  2.  世事熟視〜コソダチP



  3. 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。