スノーデンはどうなるのか

2013年07月02日 23:08

香港からロシアに入国したとされるスノーデン氏。
ロシアへの政治亡命を申請したが、一癖付けられて撤回。

一時はエクアドル行きとされていたが、それもなくなった。
はたしてどうなるのだろうか。

反米国というなら、キューバかベネズエラといったところしか選択肢はなさそうだ。

しかし、ロシアの出した「反米活動をやめること」という条件には呆れた。
民間人にはそれを求めて、自国としてはシリア問題で実質反米活動と言われてもおかしくないことをしてるのに……

ロシア亡命申請撤回 暴露停止要求に反発 CIA元職員(MSN産経ニュースより)

 ロシアのペスコフ大統領報道官は2日の記者会見で、米当局に訴追され、ロシアに政治亡命を申請した米中央情報局(CIA)元職員、エドワード・スノーデン容疑者(30)が申請を撤回したと明らかにした。

 亡命受け入れに前向きだったエクアドルが米国の圧力を受け容認姿勢を後退、元職員の処遇は再び不透明になった。

 元職員を支援する内部告発サイト「ウィキリークス」は2日、元職員に同行する法律専門家がロシアを含む19カ国に亡命や亡命支援を申請したと発表した。

 プーチン大統領は1日、反米活動をやめることが亡命条件と表明。ペスコフ氏によると、元職員が申請を撤回したのはこの発言を聞いた後だった。

 ペスコフ氏は「彼は(反米活動を)やめるつもりはない」と述べた。元職員はモスクワのシェレメチェボ空港内の乗り継ぎ区域にとどまっているという。(共同)


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3423-aa0be0f9
    この記事へのトラックバック