FC2ブログ

広島逃避行番外編vol.6 徳兵衛にて広島焼

2008年10月16日 23:59

かきにあなごに……と書いたらやっぱりこうなるであろう、広島焼。

広島駅新幹線口2階にある「徳兵衛」という店で食べてきました。

tokube06439s.jpg


今回食べたのが「豚肉玉子かき入り(そば)」(1200円)。

別にかきはなくてもよかったのですが、こういう機会ですから……ということで頼むことに。

久々にこの階層状態を見ました。
細めの麺を使ってましたし、上のねぎのシャキシャキ感も含めて味もよかったです。
(つくるときにキャベツ、生地をこの店は圧縮します)

テーブルにマヨネーズ、青のり、花かつお、ソースが置いてありますが、マヨネーズのケースは出てくるところが4つに分けられていて、普通に押すだけで4本の細い線で出てくれる優れもの。
このケースは欲しくなりました。

ちなみに、お好み焼きにめんを入れたものをどう評価するかは個人的な好みでしょう。
おまけに広島のものはもやしが入っているのが多いですが、これが入ると食感は「焼きそば」感覚。
個人的には関西の「モダン」のほうが好きですね。

今回は牡蠣入りを頼みましたが、シンプルなものでよかったかな?とちょっと後悔。
ねぎの下にかきがあり、こういった組み合わせはそうそう食べれるものではないと思ったので頼んでみたのですが、別になしでもよかったかと……。
その日の午前中に焼かきを食べたこともあるんでしょうが、どうしてもそれとの違いとかき+お好みソースの組み合わせが……。
(あくまでもCWの口にですよ。)

で、あなご飯を食べたときにひつまぶしが食べたくなったのと同様に、これを食べて普通の(関西風の)お好み焼きを食べたくなってしまう自分がまた出てきました(汗)。

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/338-b76d57ea
    この記事へのトラックバック