「はるかぜちゃん」は間違っていない

2012年11月06日 22:11

昨日のニュースですが、「はるかぜちゃん」がツイッター上で殺害予告を受けて警察に通報。
それを触れたら炎上してしまったようです。

この件は通報がまっとうな手段で別に我慢する必要もないし、批判する輩もどうかしてる。
最初に書き込んだ輩は「ただのいたずら」と思っているかもしれないが、モノには限度というものがある。
それをわからないヤツがネットやってる方が問題だと思うんですけどね。

現在いろんなところで問題になっているいじめもしかり。
被害者が悪いという発想があるが、誰がどう考えたって加害者に問題はある。
見知らぬ第三者ならなおさらでは?

はるかぜちゃん「警察に通報」を後悔 「殺されそうになるまでがまんすればよかった」(J-CASTニュースより)

 ツイッター上で殺害予告を受けた人気子役の「はるかぜちゃん」こと春名風花(11)さんが警察に通報したことを後悔している。2012年11月5日、自身のツイッターで「怖くて通報したけど、後悔してます。いつもみたいにがまんしていればよかった」とつぶやいた。通報したことで、子どもがネットをすることに対して批判を受けたためだ。

 「通報したら批判されるのわかってたのにな…」

 11月1日、春名さんはツイッター上に「はるかぜちゃんをナイフで滅多刺しにしてドラム缶にセメント詰めて殺したい」という書き込みを発見。春名さんは子どものネット使用規制が進むことを避けたいと通報することをためらっていたが、家族と相談し、11月2日、神奈川県警へ通報した。

 通報後、春名さんには「ガキがTwitterなんてやるからこんな事になるんだよ」など、子どもがネットをすることに対して批判が殺到した。

「通報したら、おとなに頼らないとじぶんの身も守れない子どものくせにネットなんかするなって言われちゃうの、わかってたのにな」

と自身が危惧した通りの結果になってしまったことを悔やんでいる。また殺害予告は単なる中傷で過剰反応ではないかという声に、春名さんは「本当に殺されそうになるまで、がまんすればよかった」とツイートしている。

 春名さんは

「加害者の人権が守られて、被害にあった側の落ち度を叩くこの国で、被害にあったと声をあげ助けを乞うことは、もう自殺行為じゃないのかな」

とツイート、ネット社会のあり方に疑問を呈している。

 はるかぜちゃんが警察に届けたために批判されたことについては、乙武洋匡さん(36)が2012年11日2日、「『だから小学生にネットなんかやらせるから…』という感想を漏らしている人が多いことに驚く」とつぶやき、「『退場すべきは、いじめられた側』というわけか。これでは、いじめがはびこるわけだ」と、「街の声」に対する違和感を語っていた。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3208-20afcb6d
    この記事へのトラックバック