--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドラゴンズ2012】CS1st x東京ヤクルト第1戦 「先勝」

2012年10月13日 22:20

わずか3試合の短期決戦となるCSファーストステージ。
現地観戦する都度、何かをやらかしてくれる高木珍采配が今日も炸裂しましたが、珍しく燕相手に打線が爆発。

7回表裏は両方とも盛り上がりましたね……

今日の試合
CS1stステージ第1戦 @ナゴヤドーム 31,146人
ドラゴンズ 6-1 スワローズ
S ●石川、ロマン、日高、松岡、七條-相川
D ○中田賢、田島、浅尾、ソーサ、S山井-谷繁
HR D 和田、S バレンティン
先発は中田賢と石川。
「左右病患者」ともいえるおじいちゃんは館山とみて堂上兄をスタメンに入れたのでしょうが、予告先発がないとこういうのが面白い。

先発の読み違えで頭を抱えただろうが、その石川がボール先行の苦しい投球。
初回はブランコのゲッツー、3回も森野の三振でチャンスを潰すも、4回に和田の一発で先制して濁った空気を断ち切る。
5回にふたたび森野がチャンスをぶち壊すも6回に堂上兄のタイムリーで追加点。
7回に田島が一発を食らい、さらにピンチを作るも浅尾が抑える。
その裏、無死満塁の大ピンチを迎えると、ブランコが三振。

これまでなら和田がゲッツーで終わるところだが、今回は光り輝いてタイムリーを打つと、井端の犠飛、平田も続いて3点追加。
ソーサがヲイヲイという投球でしたが、最後は山井がイニングまたぎで締めてまずは1勝目。

ただ、結果オーライという感はぬぐえず、采配に疑問点が多々ある試合。
・今季最高?とも言えた中田賢を5回で交代。
・山崎という、シーズン中は中田賢の打率以下という素晴らしい実績の持ち主が打てそうな気配ゼロにもかかわらず代打で出て遊ゴロ。その送球がそれ、まともに走っていればセーフだったかもしれないうえに、畠山と衝突。

・6回裏、3点目を取ったあと2死1塁で堂上兄→代走平田。おまけに田島がチャンスでそのまま打席入り。

平田に変えるなら、7回表の守備からにするか、田島のところで代打を送ればいいだけのこと。
9月15日のマツダで同じようなことをして青色吐息になったが、あの爺さんはボケているのだろうか?そこから何も学んでいないことを露呈。

代打を送ればおそらくそこで決まっていただろうが、点を取るチャンスをミスミス失えば、反撃を食らうのは当然。
7回表にバレンティンに一発を食らうなど、6回とは一変し青色吐息となり浅尾の介護をうけることに。

ちなみに7回裏が長時間の攻撃になったため、浅尾は代わりましたが、ベンチ前ではキャッチボールをしてました。
(つまりは続投予定)

こんな采配してたら選手は潰れます。
会心の試合なんて言っていたようですが、一つ間違えば采配ミスによる負け試合であり、監督のミスを選手が消した試合です。


しかし、ナゴヤのファンって優しいですね。
1-0と3-0という違いがありましたが、チャンスで田島をそのまま打席に送ったとき、マツダではヤジ・怒号が飛び交ってたんですけど、今日はあまり聞こえませんでしたから……。
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/3183-e42c05bc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。