FC2ブログ

イグ・ノーベル賞

2008年10月07日 23:33

今日、3人の日本人の受賞が決まり、今後も受賞者が発表される本家本元のノーベル賞。

受賞される皆様方は素晴らしい業績、功績を残された方であることは百も承知ですが、今日の物理学賞のような世界をやられても、「凄いな」というだけでさっぱりわかりませんでした。

(そりゃ、高校時代に物理で「8点」「10点」の自分にわかるわけないよな(爆)。)

それよりも毎年ある「イグ・ノーベル賞」。
こっちが気になる自分がいます。
今年も発表されましたが、よくぞ、まぁ、そんな研究をしてるなぁ……とある意味で感心することばかり。
というか、何してるの?とツッコミたくなるような事も……。

笑ってしまったのもいくつかありました。

生物学賞:「イヌに寄生するノミは、ネコに寄生するノミより高く飛ぶことを発見したことに対して。」

だから何?どっちでもいいでしょ……。

化学賞:「コカコーラには精子を殺す避妊効果があることを発見したことに対して。」と「コカコーラには精子を殺す避妊効果がないことを発見したことに対して。」

で、どっちが正しいの?

経済学賞:「ストリップダンサーが客からもらえるチップの金額は、ダンサーの排卵周期に影響されることを発見したことに対して。」

ギャラリーとオネーサンの質の問題では?

栄養学賞:「コンピュータで修正したポテトチップスの音を流すことにより、ポテトチップスを食べている人は自分の噛んでいるポテトチップスが実際以上にかりっとして新鮮であるように信じることを示したことに対して。」

すごいけど、食べるときに鳴らさないとうるさいだけ。

物理学賞:「大量の髪の毛、糸、その他ほとんどあらゆるものは、ひとりでにかつ必然的に、互いに絡まってもつれてしまうことを数学的に証明したことに対して。」

こうなったらどうせゴミになるのが関の山では?

よくぞ、まあ、こんなことを考え付きますね……。
来年はどんなネタが出るのやら。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/300-974c2093
    この記事へのトラックバック

    ノーベル物理学賞 日本人3氏 受賞

    ノーベル物理学賞 日本人3氏 南部陽一郎氏、益川敏英氏、小林誠氏(産経新聞) - goo ニュース 久しぶりに日本人がノーベル賞を受賞しました。ノーベル物理学賞に南部陽一郎氏、増川敏英氏、小林誠氏と3名です。おめでとう御座います。 {/kaeru_fine/} 昨晩TVで益川

  1. 2008 - 10/08 [ Wed ] - 10:36
  2.  王様の耳はロバの耳