--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル 17年ぶりに配当実施へ

2012年03月19日 23:43

トップが変わると方針も変わる。
企業で時折ありますが、このアップルのケースはその典型例。

米アップル、17年ぶり配当へ=クックCEOが発表(時事ドットコムより)

 【ニューヨーク時事】米アップルは19日、1995年以来17年ぶりに配当を実施すると発表した。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は声明で、「研究開発や買収などの費用を差し引いても、潤沢な資金がある」と説明した。
 昨年死去したスティーブ・ジョブズ前会長は、利益を研究開発費や投資などに回して企業価値を高め、株価上昇によって株主に還元する方針をとっていたが、クックCEOの下で配当による株主還元策に転換する。


iPhoneなどの「当たり」で莫大な資産を保有しているとも言われています。

「企業価値の向上」で株主に還元するという最終的な目標は同じ。
それが株式売買か配当かの違いですが、長期保有株主にはありがたい話かと。
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2928-2dfc78d8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。