--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【グランパス2012】結果オーライの開幕戦

2012年03月10日 18:05

どんなにいいサッカーをしても結果が出ないときもある。
もちろん、その逆もしかり。

ただ、中身はともかく結果が全てなのが勝負の世界。
去年もだが、グダグダの試合でも90分後には勝っていた。
それが赤鯱クオリティといえばそうなんだけど。

J1 第1節@豊田 24,316人
名古屋 1-0 清水
得点 32分 ケネディ(PK)
スタメン
GK 楢崎
DF 阿部、トゥーリオ、増川、田中隼
MF 中村、ダニルソン、藤本
FW 玉田、ケネディ、金崎
交替:HT 玉田→永井、51分 藤本→磯村、71分 中村→ダニエル
中村の300試合出場記念となった開幕戦。
楢崎のスーパーセーブと阿部の突破でPKをもらいケネディが落ち着いて決めた1点を守りきった単なる結果オーライの試合。
(去年の開幕もケネディのPKでとった1点だけという点も変わらず)

序盤から城南戦のリプレイのような清水のハイプレスに悪戦苦闘。
(足が止まるかなと思ってたが、意外に止まらず。17番とか33番ってうまいよね)
ACLで2失点のもとをつくった阿部を狙っている面もあった。

バイタルもスッカスカでいいようにボールを回される。
ただ、相手の詰めの甘さとダニルソンの無双っぷりで何とかなっただけ。

1点取ってキッチリ守ることができたことが収穫といえば収穫か。

しかし、玉田、藤本が引っ込んでからの攻撃陣から明確な意図がほとんど見えず。
「イソムラサン」は軽いプレーを連発し、2枚目のカードをもらってもおかしくないプレーもあった。
小川が故障、ケネディは出てるだけで状態は上がらず、玉田、藤本、中村と途中交代。
去年も序盤は故障者続出で苦しんだだけに、気になります。

とはいえ、去年はACLで負け、リーグはドローの開幕が、ドローと勝ち。
結果を重ねていくことで状態を上げていけばいいのでは?
----------
こちらにも参加中→→→ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2913-aff17178
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。