--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入れ替わりが求めるもの 阪急杯週中考察

2012年02月23日 23:40

本来、1R~12Rと競馬番組表で事前に発表された予定通り行われるはずですが、そうならないときがある。

出走頭数が少ないレースがあると、一部を突然入れ替えることがあるが、今週の阪急杯当日がそう。

10Rに予定されていた「すみれS」が8頭立になったため、9R予定の「伊丹S」と入れ替えが行われる。
これによりWIN5対象レースが変更となるが、それがメインにどんな影響を及ぼすかも見ておきたいレースです。

その阪急杯。
現時点では見送りが妥当とも見えますが、考察を。
今年から次週のオーシャンSとともに、基礎重量が1K切り下げられ、上限が58Kに変更される。
ちなみに05年の国際化以後で勝ったのは07.08年と昨年の3回。2着も05.07.08.09.10年と5回。

その中で、唯一の増量馬として参戦するサンカルロ。
この馬が古馬相手に賞金を加算したのは20戦で4回。

09年と昨年の阪神C、昨年の阪急杯、高松宮記念。

全て、翌年に日程・開催地・別定規定といった誰が見てもわかるような変更が行われるレースだった。

今年は賞金が削られ、当日の施行順が入れ替えられたが、これがプラスに向くのではないだろうかと考えています。
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2889-2b91c109
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。