--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクロードS、根岸Sの結果と回顧

2012年01月29日 23:17

9年ぶり?と言われるダート1200mでの大差勝ち(1.8秒差)、さらにはデビュー予定だったはずのドウニカナルデショが出走取消。
前者の名前(メイショウゾンビ)も何とかならんか?と思わせるが、後者には「どうにもならんぞ!」とツッコミを入れた方も多数いたであろう日曜の京都競馬。

そのメイン京都牝馬Sは休載しましたが、他の2重賞、シルクロードSと根岸Sの結果と回顧を。

第17回シルクロードS(GⅢ)
1着 × 07 ロードカナロア
2着 ○ 13 エーシンダックマン
3着 -- 10 ケンブリッジエル
-----
8着 ▲ 04 マジンプロスパー
ビリ ◎ 08 ダノンフェアリー

別定戦勝ち後にハンデ戦に出てくる意義を問うものでしたが、それが最後まで見えずじまい。

レースは×ロードカナロアがあっさりと抜け出す。
この馬と2着以降との差は着差以上に見えました。

同枠馬としての出番と見たものの気になるところがあり、枠連を押さえたため、かろうじて引っかかりましたが、的中の範疇に入らないなぁというのが正直なところ。

◎ダノンフェアリーはビリ負け。
鼻出血があったようですが、返還されるわけでもありませんし、負けは負け。

近代競馬150周年記念 第26回根岸S(GⅢ)
1着 △ 09 シルクフォーチュン
2着 -- 04 トウショウカズン
3着 ▲ 11 テスタマッタ
-----
5着 ◎ 05 ダノンカモン
6着 ○ 12 セイクリムズン

△シルクフォーチュンがかつてのブロードアピールを思い出させるような豪快な追い込みを見せて重賞2勝目。
(あそこまで豪快ではなかったけど)
昨年のプロキオンS勝ちが効いたのでしょう。

2着に連勝中のトウショウカズンでハズレ。

前走負け組の枠を勝たせるところは正解だが、さすがに、一本被りの馬で重賞4連勝を福永にさせるほど甘くないってこと。
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2853-6ca5c775
    この記事へのトラックバック

    京都・東京1/28 能力表の結果

    シルクロードS 競馬ソフト能力表1月28日の成績結果■京都11R◎13番エーシンダックマンは厳しい展開をしのぎ2着。時計の掛かる馬場での逃げ残りですので、好走と言えるでしょ ...

  1. 2012 - 01/31 [ Tue ] - 23:16
  2.  無料競馬予想ソフトで個人予想



  3. 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。