--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神、真弓監督辞任

2011年10月16日 23:53

デーゲームで読売が勝ったため、CS進出が消えた阪神。

真弓監督が契約期間を1年残して辞任することになりました。

【阪神】真弓監督が辞任 CS逃し発表(日刊スポーツより)

 プロ野球阪神は16日、クライマックスシリーズ(CS)進出の可能性がなくなり、南信男球団社長が真弓明信監督(58)の辞任を発表した。南球団社長は「監督の方から、Aクラスを逃したら今季限りで責任を取って退団したいという意向を聞いていた。本日の結果をもってそういう形になった」と話した。球団からの慰留はなかった。

 後任については水面下で、外部からの招聘(しょうへい)、コーチの内部昇格を含めて検討しており、今後は人選が本格化する。南球団社長によると、真弓監督は今季最終戦まで指揮を執る。

とはいえ、実態は解任でしょう。
意味不明な落合、梨田両監督の交代劇よりもはるかにわかりやすい今回。

誰も文句が言えないまっとうな理由。

いい人(のように見えるの)だが、監督としては采配に疑問符がついた。
コーチのほうが向いている人にも見えた。

連続試合出場記録が続いていた金本の起用法など、難しい面があったことは否定しない。

ただ、投手の西村を代走とか外野で使うなど、試合の流れと選手起用があっていないことも多かった。

では、具体的に何がダメだったんだろう?

・(悪い意味で)ワンパターン化した選手起用
・一貫性のなさ
・(ある意味で)節目の試合で見せる心が折れるような負けっぷり

この3つかな?

しかし、ここまで応援されない監督ってのもどうなの……
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
(ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2690-c0fad3dc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。