--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドラゴンズ2011】続、落合監督退任 「勝つことが最大のファンサービス」

2011年09月23日 23:39

昨日の続きです。

落合監督と言えば、

味方がホームランを打ってもベンチに座ったまま
ファン感謝デーに来ない
試合に勝っても愛想なし
インタビューもない
情報を徹底的に隠す(話さない)からわからない

などという声があるのは確か。

ケガ人の情報を隠したり、ファン感謝デーに出てこないのはファンとして?がつく。
しかし、監督のファンサービスって何?

たまにサインする程度では?

以前、インタビューで答えていたが、
監督の出来るファンサービスは「チームを勝たせること」

それは紛れもない事実。
確かに守り偏重で打てない打線は見ていても面白くないのは一理ある。

といっても、どれだけバカスカ打ち、ドームの演出等がよかったとしても、負け試合ばかりでは面白くないし、勝てない以上客足も遠のく。

昨日も触れたが、昨年までの7年で3度の優勝、1度の日本一。
自らが公言した「勝つことが最大のファンサービス」を実行し、勝つ喜びをファンに知らせたことは十二分に評価されるべきこと。

そして、試合後のコメントも短いながら独自の視点に驚かされた。

負け試合で「今日の収穫は井端のゲッツー」は有名な話。
(← ゲッツーになったが打撃の状態が上がってきたことが収穫といいたかった)

さらに、就任当初は投手交代のときに自身がマウンドに歩き、投手を労ってから交代を告げていた。

そして、荒木などには本人の前では無茶苦茶言ってたみたいだが、起用した自身の責任として、選手をマスコミの前では批判せず、他の監督にはあまりみられない「選手を守る」意識もあった。

WBCの選手派遣が最たる例。
確かに天敵の読売主催で球団が嫌がったこと、故障していたこともあるだろうが、北京で岩瀬が1001に潰されて、使い物にならないような状態でチームに帰ってきたのを見た選手が国際大会を嫌がったという事実もある、と言われている。

でも、そういうことが仮にあっても一切触れなかった。

その点は形はどうであれ、ぶれない一面を見せていたことはチームの将として評価されるべきことだろう。

不満と言えば、かつてのイ・ビョンギュ、セサル、そして今年のグスマンと外国人の見極めの甘さ、ベテラン偏重のチーム構成という点。
選手や後継者が育っていないというが、今季の堂上直、中田亮のように、若手がチャンスを奪い取れなかっただけ。平田や大島、堂上兄は育ってきた。
かつての中村紀、河原のようにチャンスを与え、多くの選手が一軍の試合には出てることも見逃してはいけない。

(まだまだ続きます)
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2654-294342ce
    この記事へのトラックバック

    中日・落合監督も退任?

    日ハム・梨田監督に続いて・・・ 中日は22日、落合博満監督の今季限りでの退任を発表しました。 来季はOBで1992年から1995年途中まで監督を務めた高木守道氏が復帰するそうです。 2004年に監督就任して以来、日本一1度、リーグ優勝3度を達成し...

  1. 2011 - 09/26 [ Mon ] - 08:14
  2.  いい加減社長の日記



  3. 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。