--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水泡に帰したサポーターの愚行

2011年04月21日 07:14

野球であれ、サッカーであれ、何であれ、応援団やサポーターといわれる者が相手に喧嘩を売るなどの未熟な行為をするのなら、それは批判されて当然のこと。

スタンドからフラッグで選手をど突いたり、相手チームの席にモノ投げたり、ましてや選手にレーザーを当てたりするのは論外。

観客席がチームを邪魔してはいけません。

あってはいけない話でしょうが、19日にソウルで行われたACL第4節のFCソウル-名古屋戦で、発煙筒をたいた名古屋のサポがいたようです。

一昨年のサウジでのことや、大震災の後に支援物資を集めて、水戸~北茨城、いわき、仙台へ運んでいた心あるサポの行為が水泡に帰したこの行為。

これにはチーム側も相当お怒りのようですが、「他人の庭で発炎筒をたくなんて大問題」。
そりゃそうだ。

サポーター席で発炎筒(中日スポーツより)
韓国の通常規定なんぞ知りません。
普段からスタンドで「大花火大会」を平然とやっているのかもしれません。

しかし、ビン・缶、ライター・爆竹等の発火物、爆発物、刃物や銃器等の危険物
これらの持ち込みを「禁止」とオフィシャルでうたっていた以上、やってはいけないことのはず。

【再掲】ACL2011第4戦:4月19日(火)アウェイFCソウル戦の観戦について(名古屋グランパス公式サイトより)

先日も済州で発煙筒を焚いたG大阪のサポに入場禁止処分が出されましたが、それ同様、いやそれ以上の処分があってもいいでしょう。

G大阪、ACLで発煙筒を焚いたサポーターに入場禁止処分(サポティスタより)
----------
こちらにも参加中→→→ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2410-07b2eee1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。