FC2ブログ

オザワ氏は政倫審に出席する「予定」となりました。

2010年12月28日 22:13

出ても出なくてもOK。
何を話しても偽証罪には問われない。

そんな政治倫理審査会をやる意味はあるのか?とも問いたくなるが、民主党幹部が求めていた小沢氏の政倫審出席問題。
少しだけ前進する兆しを見せました。

政倫審出席を表明=執行部方針受け入れ―小沢氏(Yahoo!ニュースより)

 民主党の小沢一郎元代表は28日午後、衆院議員会館で記者会見し、自身の政治資金の問題を説明するため、「衆院政治倫理審査会に出席する決意をした」と表明した。その上で「私が(政倫審に)出席しないと国会審議が開始されない場合は、通常国会冒頭に出席する。そうでない場合は予算成立後、速やかに出席したい」と述べた。
 小沢氏は会見に先立ち、都内の事務所に鳩山由紀夫前首相を訪ねて政倫審出席の考えを伝えた。
 年明けにも強制起訴される小沢氏の国会招致をめぐっては、菅直人首相や岡田克也幹事長ら党執行部は繰り返し、政倫審への出席を要請。これに対し、小沢氏は「裁判で潔白を証明する」などとして、拒否する姿勢を示していた。このため、同党は27日の役員会で、出席に応じなければ、1月召集の通常国会までに政倫審で招致の議決をする方針を確認。首相は出席できないなら、小沢氏に自発的な離党を暗に求めていた。
 小沢氏は党内外の自身への厳しい空気を踏まえ、出席せざるを得ないと判断したとみられる。一方で、執行部の方針を受け入れることで、参院で問責決議が可決され、野党が国会審議に絡めて交代を求めている仙谷由人官房長官に対し、「けじめ」を迫る狙いもありそうだ。

出るといっても年明けの話。
年末年始を挟みますので、おせちを食べたら気が変わりました。なんてことも考えられます。

「一兵卒」に振り回されてますが、来年も続くことでしょう。
さて、与党は自身の限界ラインまで来ましたが、野党はどう出るのでしょうか?

最初から出しているように「証人喚問」以外を拒否するか、しないか。
問責決議案が可決された官房長官(健忘長官?)の交代を求めつづけるか。

野党の腰の据わり方も問われる年明けとなるでしょう。
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2215-01a6308e
    この記事へのトラックバック