--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局、議会解散の住民投票はやることに

2010年12月15日 23:10

一度は無効の記載が多いため、署名数が届かないとされた名古屋市の議会解散を問う住民投票。
再審査請求で一転して有効にされたものが多く、法定数を上回ったため、リコールの是非を問う住民投票は実施されることになりました。

終わって明らかになったのは、署名の集めかた、選管(OBだらけになった顔ぶれの決め方?)ともに杜撰だったこと。
さらには税金の無駄遣い。

そして来年の2月に知事、市長、市議会リコールのトリプル選が行われそうな流れになりました。

選挙の前に書くでしょうが、気になることが1つ。

次回の名古屋市議選。
エリアこそ違えど、過去2回の衆院選と雰囲気は似ている。

先行するのは言葉とパフォーマンス。
自分のやり方に不満があれば、即、抵抗勢力扱い。
(これって、隣の赤い国と一緒だろ……)

そして、小泉チルドレンに小沢ガールズ、書き方は失礼だが「しもべたち」が現れた。

今回もそのような流れが生まれることでしょう。

ただ、理解できないことが1つ。
県知事は任期満了のため必然だが、もともと市議会議員は来年の4月で任期満了。
実際は1ヶ月繰り上げられるだけなんですよね……。
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2189-a3a70628
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。