--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後はテレビも盛り上がった日本シリーズ

2010年11月09日 00:00

開幕前は「地上波中継がないのは盛り上がりに欠けるカードだから」などとボコボコに言われた野球の日本シリーズ。

6.7戦が延長戦に入る競り合いとなったこともあるのでしょうが、最後はそれなりの視聴率を得たようです。

名古屋地区で瞬間最高48.1% 日本シリーズ視聴率(中日新聞より)

 東海テレビ(フジ系)で7日夜放送されたプロ野球日本シリーズ中日―ロッテ第7戦の平均視聴率が、名古屋地区で34.6%だったことが8日、ビデオリサーチの調べで分かった。今季の名古屋地区のプロ野球中継では最高値。瞬間最高は十回裏、中日の攻撃中の午後10時27分で48.1%だった。

 関東地区の平均視聴率は20.6%、関西地区の平均は22.3%だった。

 シリーズ史上最長記録(5時間43分)となった第6戦(6日夜、フジ系)の平均視聴率は、名古屋地区が32.0%、関東、関西地区がともに18.9%だった。

ちなみに、最高視聴率を取ったのは平田が代打で出てきた場面。
ビデオリサーチの資料を見ると、5戦目までの視聴率はサッパリ。後ろ2戦を中継したフジテレビが独り勝ちをした格好ですが、2試合とも21時以降は収益ゼロとなるCMなしでのオンエアでしたから、その点は半々でしょう。
全国中継がなかった1.2.5戦も名古屋では中継をしてました(21時前まで)が、資料を見る限り、前半戦の視聴率はやはり低く、関東では10%以下、名古屋でも17%。
3.4戦目の数字はバレーボールに負けてましたから、経営面からだけを見るならばTBSの取った選択肢(○バレー、×日本シリーズ)は正しかったのかも。
(放映権料などで赤になったら無意味ですが)

ただ、4.6.7戦の試合時間の異様な長さは例外でしょうけど、基本的に野球は終了時間のわからないスポーツで、完全中継には向かない競技ということを改めて見せたケースとなった今回。

今後は難しいかじ取りとなることでしょう。
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2124-3b6e78f0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。