--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この規定なら日本シリーズの地上波中継は間違いなく減る

2010年11月07日 15:25

昨日の日本シリーズは史上最長時間試合を更新。
そんななか、試合終了までフジテレビ系列が全国中継。

たまたまゲストで来た古田、野茂両氏はさぞかし大変だったかと思いますが、どうせなら立浪、黒木両氏のように両球団にゆかりのある人に解説をしてほしいものです。
(立浪氏の解説、しゃべりは上手いですよ)

今日の7戦目の解説も、なんでその2人?ホントに両チームの試合を見てるの?と聞きたくなるような両氏ですし……(汗)。

しかし、よく最後まで中継したなぁ……なんて思っていたら、実は日本シリーズのテレビ中継には規則が。

CSまでは球団が放映権を持つが、シリーズの主催、放映権はNPBでテレビ局に対して縛りをかけている。
それが、地上波で全国中継をする場合は「試合終了&勝利監督インタビューまで中継すること」

名古屋地区でローカル中継となった1.2.5戦は21時前に放送時間終了で打ち切れたが、昨日は契約上オンエアしなければいけなかった。
そこで放送終了ならともかく、その後も番組がある以上、試合時間が伸びるほど後続の番組は時間が遅れていくうえに、放映権は1試合9000万(?)とかなりの高額らしい。

この形をとっている以上、各局がシリーズ中継と通常(後続)番組との視聴率、さらにはCMのスポンサーを含めた費用対効果を天秤にかけるのは当然のこと。

昨年、一昨年は兎軍が出ていたので日本テレビが無条件で半分は買っていた。
つまり、他局は残りの3.4試合だけ受けていたが、今年はそうではなく、全試合がオープン。
しかも、名古屋ではテレビ朝日系、日本テレビ系はドラゴンズ主催試合の放映がなく、ローカル中継もフジ、TBS、テレ東系のみ。
そんななかでTBSがバレーに行ったら、中継局はなくなってしまいますよね(汗)。

野球をやっていれば視聴率をとれた時代ではない。
CSの発達で視聴率も下がっている。
今回、全国中継がなくなったのは、カードが地味というだけではなく、別の意味で当然の流れだったのだろう。
(ただ、質の下がった解説者で野球中継の評価をさげることだけはしてほしくないんですけどね。←フジテレビ)
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2120-181e4405
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。