--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年JRA開催日程発表 高松宮記念は阪神で

2010年10月18日 21:41

JRAから来年の開催日程、重賞の概略が発表されました。

2012年1月まで中京はスタンド・馬場の改修工事で休催。
その代替開催の兼ね合いもあり、関西エリアは大幅な変更が行われます。

-----開催日程-----
1.2回中京 各8日    → 1.2回小倉 各8日開催
3回京都~4回京都前半4日 → 3回京都 12日開催
4回京都後半 4日間   → 3回阪神 4日開催(春季番組)
3回阪神前半 4日間   → 4回阪神 4日開催(夏季番組)
3回阪神後半 4日間、1回小倉前半4日間 → 4回京都 8日開催
1回小倉後半4日、2回小倉 → 3回小倉 12日開催

中京を小倉に振りかえるのはわかりますが、この5月終わりからの変則開催は何を表しているのでしょうか?
京都も小倉も馬場の崩壊はなかったはずで、昨年の中京をそのまま小倉に移せば済むだけの話だが、あえて主催者は日程を変えた。

これが何を意味するか?
戦歴をベースに検討する立場としては、非常に大きな変更です。

-----重賞の変更-----
新聞発表のとおり、関東馬の輸送で不利益が出ることを避けるために、高松宮記念とNHKマイルCへのステップ戦となるファルコンSが小倉ではなく阪神で開催されます。
2月の京都、東京の重賞で日程の入れ替え多数

この開催の重賞のみ全て記載
1日目 シルクロードS
2日目 京都牝馬S/根岸S
3日目 (小倉大賞典)
4日目 きさらぎ賞/東京新聞杯
5日目 クイーンC
6日目 京都記念/共同通信杯
7日目 ダイヤモンドS
8日目 フェブラリーS

その他重賞変更点のあらまし(開催日数表記の変更で事実上同日施行のものは割愛)

小倉大賞典  中京→小倉
中京記念   中京→小倉
ファルコンS  中京→阪神
高松宮記念  中京→阪神
毎日杯    阪神1日→2日(日曜施行、高松宮記念と同日施行)
中山グランドJ 国際招待→国際
新潟大賞典  3日→4日(日曜施行、NHKマイルCと同日施行)
CBC賞     京都→阪神
プロキオンS  阪神→京都
レパードS   重賞→G3
府中牝馬S   G3→G2、別定規定変更
福島記念   9日→10日(日曜施行、マイルCSと同日施行)
中山大障害  国際化

これで、高松宮記念の日は関東でマーチSがあるので、1日3重賞。
予想するのも大変だ……(汗)

それともう1つ。
来年から大井の東京大賞典が国際戦となり、公営初のG1格付けに。

これで、JCダート→東京大賞典の外国馬が出てくるのでしょうか?
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/2080-d92612b7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。