FC2ブログ

西濃運輸 健保組合を解散していた

2008年08月21日 22:45

政府はこういったことがおきるとは読んでなかったでしょう。

 物流大手「セイノーホールディングス」(岐阜県大垣市)のグループ企業でつくる健康保険組合「西濃運輸健保組合」が、4月からの高齢者医療制度改革による負担増で、事業継続が困難になったとして、8月1日付で解散したことがわかった。

 同健保にはグループ31社の従業員と扶養家族計約57000人が加入していたが、社会保険庁が運営する政府管掌健康保険に移った。 大規模な健保組合が倒産以外で解散するのは、極めて異例。

 西濃運輸健保によると、2007年度は75歳以上が対象の老人保健制度などに約36億円を支出したが、08年度は制度改革で、前期高齢者納付金や75歳以上の後期高齢者支援金が加わり、支出は総額で約58億円に上る見通しとなった。

 このため、保険料率を月収の8.1%から10%以上に引き上げることが必要となった。政府管掌健保の保険料率(8.2%)を上回ることから、今年3月に解散を決定。厚生労働相に解散認可を求め、7月末に許可が下りた。 同社総務部は「健保の仕組みを維持する意義が見いだせなくなった」としている。

YOMIURI ONLINEより)
健保組合たるものを独自で作るなら何らかのメリットが必要です。
政管健保の保険料率を上回り、加入員に不利益になるし、支出も増大。

「やる意義がないうえに、費用が増大したから解散して政管健保にします。」

運送業の西濃運輸がグループの中心企業。
ただでさえ、運送業は厳しい企業運営にさらされてますし(まだ大手だからいいんですが)、至極妥当な判断ではないでしょうか。

----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/175-0397e4f9
    この記事へのトラックバック