fc2ブログ

気になる「軽さ」

2010年03月10日 23:41

この方の「今すぐにでもやる」という発言。
その後、実際にやったこと、そしてやれたことは何があるのでしょうか?

相変わらず、この方の言葉の軽さは気になります。

自殺防止「雇用対策の充実を」=鳩山首相(時事ドットコムより)

 鳩山由紀夫首相は10日、都内で開かれた民間非営利団体(NPO)などの主催による自殺と貧困問題のシンポジウムに出席、あいさつで「こういうシンポジウムを開かなければならないところに、日本の現実がある。もっと政府の役割をしっかり任じなければならない」と述べ、自殺対策を強化する考えを示した。また、失業などの経済苦で自殺に追い込まれる例が多いことから、「雇用対策を充実させ、新たな雇用を生む努力は、今すぐにでも政府がやらなければならない」と語った。

「具体的なものを出してくださいな。」
これは、つい先日まで雇用を求めていた立場の身として思います。

おそらく、人手不足といわれる福祉・介護事業につなげるくらいしか打つ手が思いつかないのではないでしょうか?

残念ながら、それは何も生み出さないと思います。
もし生み出していたのなら、現状、福祉・介護業界の人手不足はありません。

普天間基地の移設、子ども手当の財源……、選挙対策の甘言は聞きたくありません。
この世界はユートピアではありません。

賢明な国民はそれを見抜いていることでしょう。

事業仕分けの第2弾をするようですが、それも大切なことは事実。
しかし、違憲と指摘された「一票の格差」を是正する気は無いようです。

一票の格差を是正し、国会議員を事業仕分けすること。
憲法違反という判決が出ている外国人参政権よりもこちらを是正するほうが先でしょう。

企業の収益が悪化した場合は従業員ではなくトップの報酬を減らすことからはじめているところが多いようです。
その点から見ても首相自らが血を流す必要があると思いますが、その「ほんとうの」覚悟は持っているのでしょうか?

この方の発言を聞くたびに、そう思います。

関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/1639-f0edf48a
    この記事へのトラックバック