FC2ブログ

23日に小沢幹事長の事情聴取

2010年01月21日 22:28

小沢幹事長の元秘書であった現役国会議員が逮捕。

衝撃は大きかったようで、民主党内では「検察がリークした」といい、検討チームを作ったり、勉強会を開いたりして検察やマスコミへの批判を強めているようです。

しかし、その動きに対して党内からほとんど誰も声を上げないのがある意味で不思議。
民主党ではなく、「小沢翼賛会」とも受け取れそうな空気ですね。

今日の日経社説(民主党の「検察リーク批判」は筋違いだ)にも出てましたが、本来求めるものは、党内での解明と自浄能力であり、批判はお門違い。

検察だって人の子です。
100%非があれば別でしょうが、違法行為の疑いで逮捕したものを批判されたり、穏便に処理しようと気配りしているのに断られたらカチン!ときますよね。

それがホントにあるかどうかはわからないが、東京地検は「親分」に出てきてもらう必要がある、と判断したようです。

小沢氏、23日に聴取=「被疑者」も検討-4億円の説明求める・東京地検(ここから先の引用は時事ドットコム)

国民が聞いて、全て納得できるような「わかりやすい」説明ができるのでしょうか?。
なぜ、検察批判をしたのかもしっかりと説明する必要があるでしょう。

その幹事長も怪しいが、首相の文言の軽さはさらに気になります。
「その場限り」の口先総理とならぬことを求めたいのですが……。
「認識」証明なら議員辞職=母親からの資金提供-鳩山首相

鳩山由紀夫首相は21日午後の衆院予算委員会で、実母から多額の資金提供を受けていた問題に関し、自民党の谷垣禎一総裁が「首相が(その事実を)知っていたと証明されたら、首相を辞めるのか」とただしたのに対し、「天地神明に誓って(知らなかったと)申し上げているのだから、そのような事実が出てきたら、バッジを付けている資格はない」と述べ、議員辞職する考えを示した。


ついに禁句を出してしまいましたが、それ以前の問題。
野党時代に「秘書の責任は議員の責任」と言い放った以上、人に押し付け自分は違うと言い張るのはお門違いであり、辞職が筋でしょう。

首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護

 鳩山由紀夫首相は21日付の鳩山内閣メールマガジンで、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件に触れ、「政権交代を成し遂げた同志であり、小沢幹事長からの潔白を証明したいとの決意表明を了とした」と小沢氏を擁護した。
 一方で「検察を批判したり、捜査に予断を与えようとする気持ちは一切ない」と強調。「小沢幹事長が自身の判断で、身の潔白を説明することが望ましい」との考えを示した。


あれ?言葉が抜けているうえに、誤字もありますね。
政権交代を成し遂げた(が、政治資金規正法にひっかかり、議員の身分が怪しいもの)同志同士、ということでしょう。
というか、同志と思っているのは当の本人だけで、周囲は「親分/子分」としか見てないでしょうけど。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/1526-966cbdfc
    この記事へのトラックバック

    鳩山発言「事実違えば議員辞職」「起訴がないこと望む」

    「事実違えば議員辞職」…首相、偽装献金巡り衆院予算委員会は21日、鳩山首相と全閣僚が出席して2009年度第2次補正予算案の基本的質疑を行い、政府と与野党が一問一答形式でやりとりする本格的な論戦の幕が上がった。 野党質問のトップバッターに立った自民党の谷...

  1. 2010 - 01/21 [ Thu ] - 23:16
  2.  SCRAMBLE-8
  3. 小沢氏の事情聴取、23日にも・・・

    民主党の小沢一郎幹事長が東京地検の事情聴取に応じる意向を固め、 23日にも事情聴取が行われる見通しとなったことが「関係者の話」で分かったそうです。

  4. 2010 - 01/21 [ Thu ] - 23:08
  5.  だんなの馬房