--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝王賞結果&東山倶楽部の出資法違反容疑

2008年06月25日 23:16

買わないレースの予想は当たる。

競馬のジンクスですが、見事としかいいようがない結果でした。

大井11R 第31回帝王賞(JpnⅠ)
1着 ◎ 01 フリオーソ
2着 ▲ 06 ボンネビルレコード
3着 △ 14 コウエイノホシ
-----
5着 ○ 08 ワンダースピード
(馬連 510円、馬単 850円、3連複 1230円、3連単 4060円)

フリオーソが逃げて快勝。
2着には中団から伸びたボンネビルレコード。

JRAの馬券はケータイで買いますが、SPAT4はケータイでの買い方を知らないことと気乗りしなかったので実馬券はケン。

買うなら馬連か3連複ですが、トリガミに限りなく近い配当でしたね。
(でも、ハズレよりかはマシでしょう)

-----
さて、「競馬で7割的中」というありえない話をエサにしていた東山倶楽部の幹部3人が逮捕されました。

 競馬の勝ち馬を7割以上の確率で的中させると宣伝し、確実にもうかるといって不正に資金を集めていたとして、愛知、島根県警の合同捜査本部は25日、投資会社「東山倶楽部」(東京都目黒区)の幹部杉畑武容疑者(52)ら3人を出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで逮捕した。

 捜査本部は、同社が全国の会員約4000人から約60億~70億円を集めていたとみている。

 捜査関係者によると、3人は2004年10月ごろから、日本中央競馬会の馬券の共同購入による投資話で会員を募集、元本の保証や利息を約束するなどして違法に金を集めた疑い。「総責任者」を名乗る伊藤敦彦元役員(50)は、香港に潜伏しており、捜査本部は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する。

 同社は、馬の血統などを基に7割以上の確率でレース結果が的中する手法「ビクトリー方式」を開発したと紹介。会員1人当たり10万~400万円の資金を集めたが、実際には予想は外れ、06年1月ごろから配当金の支払いが滞るようになり、3700人の退会者への返還金も支払われなくなった。捜査本部は、馬券を的中させる手法自体が、架空だった可能性が高いとみて、詐欺容疑での立件も検討する。

(読売新聞より 記事はこちら

ま、今年の重賞的中率2割と瀕死の重傷?を負っている自分が書くのもなんですが、そんなにウマい話はありません。
競馬は自分で考え、自分のゼニでほとほどに楽しむのがベスト、ということで……。

----------
こちらにも参加中→→→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    (ライブドア、アメブロ、ココログ等一部送受信不良があります。その際はご容赦ください)
    http://cw0609.blog17.fc2.com/tb.php/10-be882b69
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。