fc2ブログ

ダイヤモンドS最終結論

2014年02月21日 23:05

今週も3日間競馬、そしてG1を含めた4重賞。
しかし、土曜のダイヤモンドSは距離もあるが、直前1年以内にオープン勝ち歴を持つ馬がわずか3頭。
これで重賞といわれても……。

東京11R 第64回ダイヤモンドS(GⅢ)
◎ 06 アドマイヤバラード
○ 03 ファイヤー
▲ 01 フェイムゲーム
△ 07 ラブラドライト
× 10 タニノエボレット


【 短観 】
土曜の障害戦と代替月曜の平地戦が入れ替えられた。
当日のプログラムとは違う形でレースが行われるが、そういう日の古馬重賞というと、昨年の富士S、先週の東京新聞杯。
もちろん、当日の変更のされ方が違うので一概には言えないが、いずれも前1年以内の重賞連対歴保持馬が制した。

しかし、今回はそのような馬がいない。
つまりは、これまでの裏を返すとみていいだろう。

重賞加算歴の裏はもちろん重賞出走歴なし。
今回が初の古馬重賞となるアドマイヤバラードから入ってみたい。

前述した昨年の富士S、先週の東京新聞杯ともに6枠が連対したのもプラスだろう。
スポンサーサイト