FC2ブログ

京都金杯、中山金杯最終結論

2014年01月04日 23:18

競馬ファンの皆様、あけましておめでとうございます。
年末は東京大賞典、年明けはばんえい競馬と報知オールスターCと公営競馬に参戦してました。

そして中央競馬の開幕は東西の金杯というのも同じ。

今年は09年以来となる1月4日開幕を予想してましたが、何でそれをしなかったんでしょうか?
(ちなみにこの年は1月4日が日曜日という兼ね合いがあったのかもしれません)

京都11R 第52回スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)
◎ 10 ガルボ
○ 05 トーセンレーヴ


【 短観 】
今年も8歳世代が不在の顔ぶれ、そしてマイル重賞1着歴を前1年以内に持つ馬がゼロの顔ぶれとなった。
4年連続で途中世代不在の顔ぶれとなったが、前3年の勝ち馬、シルポート、マイネルラクリマ、ダノンシャークは前走マイルOP戦1着か直前加算が重賞2着。

該当馬はドリームバスケットとガルボだが、トップハンデとなる後者を狙いたい。
相手はいろいろ考えたが、前1年未勝利でハンデ増量という去年2着のトライアンフマーチを彷彿とさせるトーセンレーヴを。

中山はここでは印のみとします。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト