fc2ブログ

ジャパンC、京阪杯の結果と回顧

2012年11月25日 18:22

2年前の1.2着入れ替えとはならなかったが、後味の悪い結果となったジャパンC。
入れ替わりになっても何らおかしくなく思えたし、かのトールポピーと同じ目を池添にあわせたのか?とも勘ぐれる。

逆に、「勝つのはジェンティルドンナ」(←オルフェーヴルは勝てない)というシナリオを見せるためだったのかもしれません。
そんなJC。京阪杯と合わせて結果と回顧を。

ジャパンオータムインターナショナル
第32回ジャパンC(GⅠ)

1着 ○ 15 ジェンティルドンナ(3人気)
2着 ◎ 17 オルフェーヴル(1人気)
3着 × 13 ルーラーシップ(2人気)
-----
5着 ▲ 04 フェノーメノ(4人気)

(馬連700円)
(参考:馬単1580円、3連複1010円、3連単5550円)

○ジェンティルドンナは53Kを生かし、先行してインに入れたことがある意味で勝因かと。
◎オルフェーヴルは力通りには走ってます。
その一方でもともと力不足に受け取れた外国馬がその通りの結果。
日本馬が力を付けていることは明らかですが、ここ数年はちょっとひどいですね。

予想は最終結論で触れたとおり、8枠ゾロ目で終了。
ジェンティルドンナの「秋華賞勝ちから直行」、奇数頭数(17頭)と11R化でオルフェーヴルの出番。
この2点だけで十分でした。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト