FC2ブログ

国民への増税が第一 ~民主、自民、公明3党より~

2012年08月08日 21:56

民主、自民、公明の3党は談合により、社会保障・税一体改革関連法案の早期成立と、法案が成立した暁には、近いうちに国民に信を問うことで合意したらしいです。

泥鰌はむやみやたらに「決断する政治」と言っていますが、戯言にしか聞こえない。

真の決断は自らが首相不適任者&官僚のポチであることを認識し、潔く下野すること。
また、一票の格差を抜本的に是正する選挙制度改革が先であり、税制改革ではない。
税制を真剣に見直すなら、赤字企業からもきっちりと法人税を取り、生活保護を全面現物支給。

これは増税以前にできること。というか、やるべきこと。

正しい順番で物事を進めることができない人間に、ノーベル賞ものともいえる増税と景気回復を同時に行うことなど無理。

日本を沈没させるだけ。
(民主党はそれでもかまわない人間の集まりですから、どうでもいいんでしょうけど)

民主党のやることは最終的には嘘となることが多いので、今回も全く信頼しません。
選挙をやるのも当然だが、「増税法案を通す前」が常識中の常識。

ビジョンも何もない。ただ、増税したいだけという官僚の意思が見え透いています。

今回も「近い時期」に解散というが、近い時期とはいつなのか。
普通の日本語能力なら「1ヶ月以内」と解釈でき、9月になってからの解散は遅いのですが、口先だらの民主語、野田語ですからどうなるかはわからないとも言えるでしょう。
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
スポンサーサイト