FC2ブログ

「五山の送り火」、人災がもたらした混乱

2011年08月09日 23:47

16日に京都で行われる「五山の送り火」で、陸前高田の松を護摩木として使用する予定が反発を受けて中止されました。

一連の内容を見てると、今の日本の縮図そのもので、今回の混乱は今の人災がもたらしたものといっても過言ではないでしょう。

被災の松での京都の「送り火」 放射性物質不安の声で中止 *1
五山送り火被災松使用中止 抗議・非難の電話殺到 *2
(いずれもMSN産経ニュースより)

送り火で陸前高田の松を使う → 放射能汚染が京都で広まるのが嫌とクレーム → 中止決定 → またクレーム

が今回の一連の流れ。

まず、護摩木から放射性物質が検出されていないのに、中止を求めたのはやりすぎ。
本当に汚染されているのなら避難対象になっているはずであり、そこまでやるのは過剰反応。
実際にクレーム出しているのは、その手の市民団体だけだったという可能性もある。

だいたい、そこで大量の放射能が含まれているのなら、陸前高田どころか、仙台も全域強制避難対象になっているはず。

ただ、稲わらのセシウム問題やホットスポット、被ばく量問題など、政府の対応・発表・広報が後手を踏む上にいい加減という最悪の状態という事実はある。
放射能測定をしたのはいいが、測定場所の高さがいい加減で不信感を募らせたことは最たる例だろう。
(だいたい地上34mで計測した魂胆が理解できん)
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト