FC2ブログ

ジャパンカップ週中考察vol.3 やっぱりあの馬か

2010年11月25日 23:47

ジャパンカップの枠順が確定しました。

これを見ると、今年は外国招待馬が8頭と多いこともあり、日本馬のみの枠は4枠のみ。
そして1つはあると思っていた日本人騎手のみの枠はゼロ。
これがどう出るかは、また考えます。

さて、今回の考察は古馬について。
3練炭発売後で18頭フルゲートになった年は天皇賞を負けた馬

春秋天皇賞、宝塚記念1着馬が全て出走するが、3連単発売後で該当するのは2回。

07年 1着アドマイヤムーン
08年 1着スクリーンヒーロー

ともに年内G2勝ち歴のある日本の4歳馬が1着。
そして、連対枠にはG1で(同枠馬を含めて)連対枠入りした実績のある馬がいる。

今年になってからG2を勝った日本の4歳馬はブエナビスタのみ。
やはりこの馬が主役となるのだろうか。
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
スポンサーサイト



ジャパンカップ週中考察vol.2 出てきたダービー馬、出ない菊花賞馬

2010年11月25日 00:07

ジャパンカップ週中考察は3歳馬を中心に。

菊花賞を勝ったビッグウィークが回避し、その菊花賞をパスしたエイシンフラッシュが参戦する。
この点を見てみたい。

まず、当年ダービー馬として参戦するエイシンフラッシュだが、この馬は菊花賞に出ていない。
そのような馬が参戦したのは「3歳」と表記された01年以降ではわずか2回。

07年 着外ウオッカ
08年 2着ディープスカイ

この2頭を分けたのは、秋番組での加算歴ではないだろうか。
ウオッカはダービーのあと、宝塚記念8着→秋華賞3着(2着同枠)→女王杯取消
ディープスカイは、神戸新聞杯1着→天皇賞秋3着と、出走した秋番組では馬券対象になっているうえに、同世代には負けていない。

エイシンフラッシュは神戸新聞杯2着。
この負け歴は気になります。
[ 続きを読む ]