FC2ブログ

一枚落ちの顔ぶれにて エルムS最終結論

2010年09月19日 22:19

3日間競馬の最終日はエルムS。
夏の北海道の総括と秋に向かう馬たちが集い、3歳馬が力比べを挑んでくる。
超一流は出てこないが、重賞を勝った馬も集い、そこそこの顔ぶれにはなる。

例年ならこんな感じでしょうが、今年は一枚落ちの顔ぶれ。
重賞というよりも、オープン特別の雰囲気が漂いますが……。

札幌11R 第15回エルムS(GⅢ)
◎ 09 アドマイヤスバル
○ 06 ケイアイテンジン
▲ 12 ピイラニハイウェイ
△ 04 エーシンモアオバー
× 13 ラストアロー


【 短観 】
「札幌、13頭立」となるエルムSは06年以来となるが、この年も祝日施行の年だった。
1着 ヒシアトラス
2着 ジンクライシス

両馬ともにG1出走歴があるうえに、重賞連対枠入りの実績もある。
(この両馬はマーチSで1着枠を組んでいた)

それならば、出走馬で唯一ダート重賞連対歴を持つアドマイヤスバルから素直に入りたい。
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
スポンサーサイト