FC2ブログ

健康であってこそ

2010年08月19日 23:32

最近、思います。

何をするにも、健康な心と身体があるのが大前提。

それを壊してしまったら元も子もない、と。

例えば、うつ病になって休職する。

数ヶ月たっても改善しなければ、会社からは事実上消されます。

仮に仕事が原因だとしたら、そこまでしてやる必要があるのでしょうか?
スポンサーサイト



中日-読売 再び8回まで

2010年08月19日 00:50

先発した山井が8回まで四死球が3つあったもののノーヒット。

8回裏に打席に立った時は、今度こそ最後まで……という期待を抱きましたが、それはあっさり終わってしまいました。

おそらく1本打たれたら交代ということだったのでしょう。
その後は岩瀬のリリーフもあり、ナゴヤドーム11連勝です。

今日の試合
ドラゴンズ 3-1 ジャイアンツ

 普通はノーヒット・ノーランを逃した山井に注目がいくはずですが、岩瀬を持ち上げる監督は、さすがです……。

中日・落合監督、大記録を逃した山井は「あの時とは違う」(スポーツナビより)

 中日の山井大介が18日、大記録達成を目前で逃した。巨人戦に先発した山井は8回まで無安打に抑えていたが、9回に坂本勇人にソロ本塁打を浴びてノーヒットノーランならず。2番手の岩瀬仁紀がその後を抑えて、試合は3対1で中日が勝った。中日は6連勝。巨人は3連敗となった。
 山井は2007年の日本シリーズ・北海道日本ハム戦で8回までをパーフェクトに抑えながら、岩瀬仁紀に交代。史上初の継投による完全試合を達成していた。試合後に「やっぱり8回までしか投げ切れませんでした」と笑顔を見せた山井は「巨人が上位にいるので、何とかたたいて1位の座を早く奪いたいなと思って投げました」と力強く言い切った。
 落合博満監督は「そんなに簡単には記録ってのは出させてくれないもんだ」と語り、「あの時(07年日本シリーズ)とは訳が違う。あの時はギブアップだった。今日は球数も少ないし、ギブアップしていない」と状況の違いを説明。「その後に行って抑えるやつが大したもんだ。みんな岩瀬を忘れてる。抑えて当然ってみんな思っているだろうけど、一番重圧がかかってる」と守護神・岩瀬を高く評価した。


さて、明日もう1つ勝って、まずは2位浮上を……
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン