FC2ブログ

鳩山首相辞任

2010年06月02日 10:13

進退が問われた鳩山首相は民主党幹部に辞意を伝えたようです。

頭を変えて選挙に挑むなら昔と何も変わってませんけど…。

(と、午前中に携帯ニュースで見て書いたのですが、追記を。)

そのもととなるのは、普天間を筆頭に、自己の発言がブレまくり、迷走したこと。
昨年夏の衆院選から、「これはできない」という意味のことを書いてきましたが、やはりそのとおりに終わりました。

どこから銭は出るんだろう?
衆院選 民主党が圧勝となりそうだが……
(ともに当ブログにて)

八方美人的なマニフェストを掲げたが、八方ふさがりになってやめる。

自分で蒔いた種ですから、キッチリと刈り取って欲しかったですね。

甘い言葉ときれいごとだけ並べたマニフェストを使って選挙に勝てさえすればいい、いざとなったら辞任するだけ。
これでは詐欺といわれても文句は言えません。

結果的には幹事長を道連れにしての辞職だが、発言フラフラの総理と政治とカネの問題が消えない幹事長。
お互いはお互いをかばって政権運営をしてきただけに、一種の連帯責任といえるものでしょうか?

しかし、参院選を今のままでは戦えない、という声が大きくなったことが原因でしょう。

つまりは選挙対策。
最初に書いたように、これでは何も代わらなず、旧自民党政権と同じ。
その選挙対策がメインならば、ぜひとも、衆議院を解散して真の民意を問うて欲しいものです。

ただ、あの顔をテレビで見なくて済むというのはうれしいことですが……。
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
スポンサーサイト