FC2ブログ

あらぬ神は健在なり 東京優駿など回顧

2010年05月31日 00:02

ダノンシャンティの骨折取消で幕を開けた東京優駿(第77回日本ダービー)。
レースはあがり勝負の流れとなる中、最後に抜けだしたのはエイシンフラッシュでした。

金鯱賞、目黒記念と合わせて簡単な回顧を。

東京優駿(第77回日本ダービー)(GⅠ)
1着 -- 01 エイシンフラッシュ
2着 -- 08 ローズキングダム
3着 ◎ 07 ヴィクトワールピサ
-----
6着 ○ 09 ペルーサ
9着 ▲ 12 ヒルノダムール

(出走取消 18 ダノンシャンティ)

ダノンシャンティが取り消した時点で◎ヴィクトワールピサがあっさり突き抜けると見てましたが、今回は切れ負け。
○ペルーサは出遅れて脚を使ったのがマイナスだったのでしょう。

というか、上がり32秒台の脚を出さないと勝てないレースって……。

終わってみれば皐月賞3着、4着馬での決着でしたが、ともに買えず。
再現不能な「Jpn1」朝日杯FS勝ちのローズキングダムをハナから完全に切り捨ててましたが、ダノンシャンティの取消で生き返った、ということでしょうか?

ヴィクトワールピサを指名した年頭ダービー馬予想はハズレ。
まともに出走して負けたのは6年目で実は初めて。
こういうときもあります。

そして、先週はオークス◎▲○、東海S◎○▲と神がかり的な予想?をみせたが、今週は別の神が健在。
わかる人だけわかっていただければいいのですが、ダービーの1番人気馬にそろって◎を入れて撃沈させる荒業を見せてくれました。

次に穴馬でそろったら走る合図とでも受け取りましょうか?、ミシエロ氏よぉ……。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト