FC2ブログ

第二のライデンリーダーか フィリーズレビュー、中山牝馬S最終結論

2010年03月13日 23:12

今週の結果次第では「○○チャン」大集合となりそうだった桜花賞ですが、そのうちの1頭、ミオリチャンはアネモネS3着で脱落。

フィリーズレビューで出てくる3頭の「チャン」馬はどうなんでしょうか?
7枠2頭で決まって「チャン、チャン♪」でも個人的に構わないのですが……。

中山牝馬Sと合わせて予想を。
阪神11R 第44回報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)
◎ 14 ラブミーチャン
○ 02 ロジフェローズ
▲ 03 レディアルパローザ
△ 11 ニシノモレッタ
× 07 カレンチャン
× 13 ハニーメロンチャン


【 短観 】
今年はクラシック国際化元年。

地方競馬との「交流元年」といわれた95年に笠松から現れたのがライデンリーダー。
クラシックの国際化元年となる今年、同じく笠松から現れたラブミーチャン。

ともに無敗でフィリーズレビューに歩を進めてきた。

それぞれの初年に当たる年に同じ笠松から、しかも無敗で現れたところを評価して、芝は未知数だがラブミーチャンから入ってみたい。

おそらくここを勝っても本番で人気となってずっこけることだろう。

相手は牝馬限定戦春菜賞勝ちのロジフェローズを筆頭に、前走500万下勝ちの馬を。

昨年のミクロコスモスの二の舞が待っていそうなテイラーバートン、ラナンキュラスの2頭は切る。
馬券は馬連流しだが、タテ目となる馬連も。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



映像を操作してまでトヨタを叩きたい米国

2010年03月13日 09:03

ここまでしてトヨタを叩きたい。
よほど米国車を売りつけたい?何らかの背景があるのでしょう。

しかし、この操作画像の放映は「風説の流布」にあたります。
訴訟天国の国ですし、トヨタが提訴するのはほぼ確実。

天文学的な賠償金となる可能性もありますが、これは虚偽報道をした責任。
それはマスメディアとはいわず、ゴミメディア。
さっさと消えてもらうほうがよさそうですね。

米ABC、映像操作認める=トヨタの電子装置欠陥報道で(Yahoo!ニュースより)

 米ABCテレビは12日までに、2月22日に放映したトヨタ車の急加速原因が電子制御装置の欠陥であることを立証したとするギルバート南イリノイ大学教授の実験報道について、映像を操作したものであることを認めた。米メディアがABC広報担当者の話として伝えた。
 トヨタ自動車は今月8日、ABCが電子回路を人為的にショートさせるなどした同教授の実験を一方的に脚色して伝え、トヨタ車の電子制御装置の安全性に疑問を投げ掛ける番組を放送したとして、非難する声明を発表していた。

----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン