FC2ブログ

日曜から使者が来る シンザン記念最終結論

2010年01月09日 18:42

一昔前は「クラシックで用なし」といわれていたシンザン記念の出走馬。

しかし、06年3着のロジックがNHKマイルC、07年2着のダイワスカーレットが桜花賞を制し、昨年の勝ち馬アントニオバローズがダービーで3着。

だんだん流れが変わってきているのでしょうか。

賞金を加算して一歩でもクラシックの出走確定にこぎつけたい馬たちが揃ったこのレースの予想を。

京都11R 第44回日刊スポーツ賞シンザン記念(GⅢ)
◎ 06 メイショウカンパク
○ 15 エーシンホワイティ
▲ 13 カネトシディオス
△ 04 ガルボ
× 02 ピサノユリシーズ
× 12 マイネアロマ


【 短観 】
昨年と同じでフルゲートとなったが過半数が1勝馬。
おまけに重賞勝ち馬ゼロというオープン特別並みの顔ぶれになった。

過去10回のうち6回が祝日(成人の日)に行われているように、カレンダーの兼ね合いで1月3日間競馬が行われるときは、月曜に回ることが多かったこのレースが珍しく日曜日に施行される。

その「日曜施行」となった日程面が引っかかる。
そこで、「3歳」「非祝日」「増量馬なし」で絞り込むと、該当するのが03年、09年。

この2年の連対馬には「朝日杯の週に初勝利」をあげた馬がいた。
裏返せば、その馬が「日曜だからこそ出番のある使者」ということではないだろうか。

今年の出走馬ではこのような馬が2頭いるが、減量騎手勝ちのクレバーサンデーよりも、馬齢55Kで初勝利をあげたメイショウカンパクを上位とみて、この馬から入りたい。

未勝利戦あがりの1勝馬だが、昨年の勝ち馬アントニオバローズも似たような流れだったこともあり、問題ないだろう。
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
スポンサーサイト