fc2ブログ

ジャパンC週中考察 vol.1 菊花賞馬が出てこない

2009年11月24日 23:26

秋華賞は的中したもののそれ以外はサッパリの秋G1。
G1だけが競馬ではありませんが、当たりとハズレは大違いですし、そろそろ流れを読みきりたいものです。

さて、今週は国際招待のジャパンカップ。

昨年のショボショボな顔ぶれの外国馬と違い、今年はBCターフとキングジョージの勝ち馬コンデュイットが来日。

日本馬から見たら恐れをなしてしまいそうな馬が来ますが、こちらの考察を。

タイトルにも書いたように菊花賞馬のスリーローマンが登録すらしなかった。
つまりはハナから「出る意思がなかった」ということなのでしょう。

馬齢表記を変更した01年以降では、03年と昨年の2回しか菊花賞馬は出走していないが、菊花賞馬が出てこない年のジャパンCを勝つには、馬も騎手も外国を知ってる必要がありそうです。

01年 ジャングルポケット 騎手ペリエ
02年 ファルブラヴ 外国馬
04年 ゼンノロブロイ 騎手ペリエ
05年 アルカセット 外国馬
06年 ディープインパクト 海外歴あり
07年 アドマイヤムーン 海外歴あり

外国馬/外国人騎手/海外遠征した日本馬

このどれかがないと出番は来ない。

外国人騎手が騎乗予定の日本馬は、ウオッカとスクリーンヒーロー。
海外遠征歴を持つ日本馬はウオッカのみ。

それに加えて、今年は天皇賞を負けたことでウオッカに出番が来る可能性は高いと思っているのですが……。
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 競馬ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
スポンサーサイト



期待度ゼロ

2009年11月24日 23:15

個人的には公務員制度改革しか民主党政権に期待していなかったのですが、これでは……。

社保庁処分職員の雇用継続を=官房長官、厚労相に「直談判」(時事ドットコムより)

民間企業なら一発で切られるであろうはずの懲戒対象者をナントカしろといっているわけですよね……(汗)。

これができなければ公務員制度改革なんてほとんど無理、国会議員の定数削減なんて夢のまた夢なんでしょう。

[ 続きを読む ]

「大敗したのでチケット代、お返しします」って……

2009年11月24日 22:14

野球でもサッカーでも何でもそうだが、見に行って応援したほうが惨敗を食らうと「金返せ!」とヤジの1つ2つ飛ばしたくなるときもあるでしょう。

そのヤジがあったかどうかは知りませんが、大敗したので、チケット代を返金するって……。

大敗反省、チケット代返金へ=1-9で敗れたウィガン-イングランド・サッカー(時事ドットコムより)

返されても嬉しいものじゃないですよね。
本当は勝つところが見たくて足を運んだわけですから。

しかし、まだアウェーだったのが不幸中の幸いだったかもしれません。
ホームでこんな惨敗食らったらひとたまりもありませんよね……。

イエメンで拉致された邦人、解放される

2009年11月24日 10:28

イエメンで拉致された邦人技師が無事、解放されました。
非常に喜ばしいことです。

邦人技師解放される=拉致から8日ぶり-「非常にうれしい」・イエメン(時事ドットコムより)

海外で邦人が拉致される。
この手の話があったとき、「救出しろ」と思うか、「放っておけばいい」と思うかの判断材料は1つ。

「その地に行った理由、目的は何か?」

本人の趣味・興味・関心のレベルで、行く・行かないは自己責任に基づくもの(いわゆる回避が可能だったかどうか)にかかわらず踏み込んで拉致されたなら、言い方は失礼だが放っておけばいい。

危険地域にわざわざ踏み込んで拉致されるのも自己責任。

しかし、国際協力、仕事というのなら話は別。
しかも、今回は国際協力機構(JICA)の教育支援プロジェクトで小学校建設に携わっていた方だという。

ならば、全力で救出すべきだろう。
現地の関係者が尽力したのは言うまでも無く、無事で何よりだったかと。
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン