fc2ブログ

傷ついた心を癒し、前を向け 福島記念、東スポ杯2歳S最終結論

2009年11月20日 23:27

何が来てもおかしくなさそうなハンデ重賞と、単なる先物投資的な一面も否定できない2歳馬のステップレース。

終わったら、「あ、そう……」で終わること多数ですが、スパッと来たときは結構いい配当がつくんですよね。

ちなみに、マイルCSの現地観戦の可能性を最後まで模索していましたが、雨予報ということもあり、中止が確定しました。

福島11R 第45回農林水産省賞典福島記念(GⅢ)
◎ 06 サニーサンデー
○ 10 レッツゴーキリシマ
▲ 05 リクエストソング
△ 01 トウショウシロッコ
× 04 デストラメンテ
× 11 アルコセニョーラ


【 短観 】
最近は日程の絡みであちこち動いているが、05年以降の3連単発売~混合化~国際化と流れてきたこのレースの流れを見ると、とりあえずの安定を迎えたといってもいいだろう。

そんななか、05年以降の勝ち馬を見ると、条件戦から這い上がったものの前走で格上戦やG1ステップ戦を敗れた馬が並んでいる。

あわよくば女王杯~マイルCS~JCと続くG1路線への挑戦を考えた馬もいただろう。

しかし、晴れ舞台には立ちたくても立てなかった。
その傷心(?)を癒し、次なる舞台へのチャンスを求めて福島までやってきた「旅馬」を評価するのではないだろうか。

そのため、過去4年の勝ち馬が持つ「条件戦歴~G1ステップ戦出走歴」を持つ馬を狙いたいが、古馬1600万下勝ちを持つ馬のほとんどは昇格後が酷く狙いづらい。

そのため、3歳馬が揃った3枠から、皐月賞出走歴が引っかかるリクエストソングより、古馬対戦歴はないがサニーサンデーを◎とする。

相手筆頭は休養明けを連勝しているレッツゴーキリシマ。
その後にリクエストソング。

オープンに居座る古馬は買い材料が乏しいが、過去1年全戦重賞負けの2頭と同枠に入ったトウショウシロッコ、アルコセニョーラに加えて、前走が余分に思えるデストラメンテを押さえたい。

東京11R 第14回東京スポーツ杯2歳S(JpnⅢ)
◎ 17 サンディエゴシチー
○ 08 モズ
▲ 16 トーセンファントム
△ 03 ニシノメイゲツ


【 短観 】
朝日杯への最終ステップ戦となるが、04年2着のペールギュント以来となる重賞勝ち馬サンディエゴシチーが出走する。

重賞連対馬が出てくるのは珍しいケースでもあるが、出番があるからこそ出てくるもの、と考えれば納得がいき、それならば、サンディエゴシチーをはずすわけにいかないだろう。

さらには、牝馬オルレアンノオトメが出走に踏み切った。
このレースが馬齢重量となった03年以降で、牝馬が出走したのは04年と06年だが、前年連対馬のキャリアを全否定したかのように全く違う道を通った馬に出番が来た。

その去年は1勝馬のワンツーだったことから、今年は2勝馬を狙ってみる。
ただ、札幌2歳Sでワンツーとなったこともあり、モズも加えたい。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト



11月20日のココロ日記(BlogPet)

2009年11月20日 08:24

今度ないカレーをつくります!ぜったいつくります!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

結局、何も変わっていない

2009年11月20日 08:22

返済猶予法案たるものが強行採決されましたが、民主党政権になって何が変わったのでしょうか?

民主、審議2日で強行採決 返済猶予法案、不慣れな攻防(NIKKEI.NETより)

首相が裕福な家庭の出だが、党内の真の実力者とは別。
そして、コトがおきれば数の論理で強行突破。

与党と野党を逆にしただけで、体制の中身とやってることは何も変わってません。
(事業仕分けは財務省のパフォーマンス。)

首相の発言が思いつきだけでブレていることやカネの問題が出てきていることまで含めたら、かえって悪くなっているような気もします。

でも、違っているものが1つあった。
ゼニの問題が出てきたらボコボコに叩いていたマスコミが大人しいこと。

片方の政党の肩を持っている、と思われても何ら否定はできないでしょうけど。
----------
こちらにも参加中→→→にほんブログ村 ニュースブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン