FC2ブログ

中途半端なフリーパスの日 京都大賞典、毎日王冠最終結論

2009年10月10日 22:06

スーパークリーク、メジロマックイーン、テイエムオペラオー……かつては関西の大物が秋の初戦として顔を出した京都大賞典。
しかし、ここ数年は路線の多様化もあり小粒な顔ぶれ。
久々にG1ホースが2頭でますが、これまでに勝ってきたレースの格の違いを見せるのでしょうか?
それとも、「あの勝ちはフロックか」で終わってしまうのでしょうか?

東京の毎日王冠とあわせて予想を。

京都11R 第44回農林水産省賞典京都大賞典(GⅡ)
◎ 08 ジャガーメイル
○ 02 オウケンブルースリ
▲ 14 トーホウアラン
△ 07 モンテクリスエス
× 01 トーセンキャプテン


【 短観 】 
明日の京都は入場料がタダになる「フリーパスの日」。
しかし、中途半端な日程設定に思えます。

ファンサービスなら来場者の増える今度の日曜にでもすればいいし、集客したいのなら土曜日にやればいいのでは?。

そんなことを思ってしまいますが、そのフリーパスの日に行われた古馬芝重賞。
今年は金鯱賞、函館記念、小倉記念とあったが、いずれも5枠が連対した。

これが続くと見て、その5枠に入ったジャガーメイルに◎。
同斤量で目黒記念2着歴も評価したい。

東京11R 第60回毎日王冠(GⅡ)
◎ 06 ウオッカ
○ 04 カンパニー
▲ 07 スマイルジャック
△ 10 サンライズマックス


【 短観 】
例年、天皇賞路線とマイル路線が混ざりいい顔ぶれとなるこのレース。
しかし、今年は過去1年以内でG1連対歴を持つ馬がウオッカのみとなった。

こういったケースは04年以来となるが、そのときも連対歴を唯一持っていたテレグノシスが勝ったこともあり、大本命だがウオッカから入りたい。

3歳馬が出走してくるが、そういったケースとなった04年、06年ではマイル重賞での賞金加算歴を連対馬に求めていたことも追い風となるだろう。
----------
こちらにも参加中→→→
にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト